【VG】ワタルくんの落書き

主に「カードファイト‼︎ ヴァンガード 」について記事を書いてます

【今週のカード復習】「シャドパラ、むらくも(12/14〜12/20)」

【今週のカード復習】とは、「その週公式から公開されたカードに関して、復習がてら雑感を書いてみよう!」という記事になります。

 

今回は12/14〜12/20の期間のシャドパラ、むらくもです。

 

【目次】

・シャドパラ

闘気の騎士 ドルドナ

 

・むらくも

決闘龍王 ZANGEKI

忍竜 ヒツメツブレイザー

ジャミング・インピーダー

 

【各カード詳細】

・闘気の騎士 ドルドナ (V-BT04/027 [R])

G2 10k/5k

V/Rで、Vアタック時、自分リアが相手より多いなら、ユニット1枚に+3k。

ライン調整アタッカー。Vでも効果が使えて、簡単な条件でどこにでもパワーが振れます。シャドパラは特性の関係でG1の数を増やしているために奇形ラインができやすく、そこに+3kを振ってまともなラインにできるこのカードはなかなか優秀だと思います。

 

・決闘龍王 ZANGEKI (V-BT04/002 [VR])

G3 13k/0 ギフト:アクセル

① Vで、永続、前列に左アレがいるなら、パワー+5k。前列に右アレがいるなら、☆+1。

② Vで、永続、自分ソウルに「決闘龍」カードがあるなら、相手は手札からG0以外でガードできない。

むらくもの龍王。永続+5k、永続☆+1、永続ガード制限と永続効果だらけですね。

第1の効果は、左アレが前列にいる限り相手ターン中も+5kされます。☆の上昇の方は右アレさえ握れば3ターン目から狙っていけるのが優秀ですね。

第2の効果は全体ガード制限です。オラクルのトムとは違ってプロテクトでのガードも制限しています。基本的に手札のG0とインターセプトのみでアクセルによって増えたパンチを止めなければならないので、相手からしたらかなり苦しいですね。存在するだけで序盤からG0のキープを強要させるのはかなり強いです。

自身がアドを稼ぐ効果を全く持っていないのが少し気になるくらいで、かなりのパワーカードだと思います。

 

・忍竜 ヒツメツブレイザー (V-BT04/030 [R])

G1 8k/10k

Rで、起動CB1と自身ソウルイン、Vと同名のユニット3枚に+5k。3枚選んだら1ドロー。

マンダラ軸を超強化しそうなカード。効果を全て使えれば、ソウルを増やし3枚に+5kしてドローに変換というとんでもないスペックを発揮します。

決闘龍軸ではG3を重ねたい事もあって、条件達成は厳しいですが、マンダラ軸ではマンダラ自身の効果やマガイマンダラのおかげで条件達成は現実的です。手札に変換されるので、マンダラの登場時効果での分身元としても優秀ですね。グレード制限は特にないので、2ターン目から使える事は覚えておきたいです。

イラストもフレーバーもかっこよくて、マンダラ軸組みたくなりました。必!滅!

 

・ジャミング・インピーダー (V-BT04/058 [C])

G1 8k/10k

Rで、Vをブーストしたバトル終了時、SB1で、山札を上から5枚見て、右アレか左アレを1枚まで公開して手札に加える。

アレスターズ専用のサーチカード。Vをブーストする必要がありますが、トップ5枚に対象があればソウル1枚で1アドという破格の効率です。序盤からアレスターズを集められるので、決闘龍達を強力にサポートします。後1から使えるのでライド事故の防止にも使えます。

対象が8枚で捲る枚数も少ないので外す確率が結構高いのと、ZANBAKUや左アレとコストが競合しているのが少し気になりますね。

 

シャドパラはまだ新規が1種しか見えていないので何ともいえないですね。

むらくもは強烈なフィニッシャーと優秀なサポートカードが見えて、既にかなり期待できそうです。

 

お わ り

 

【今週のカード復習】「リンクジョーカー(12/14〜12/20)」

【今週のカード復習】とは、「その週公式から公開されたカードに関して、復習がてら雑感を書いてみよう!」という記事になります。

 

今回は12/14〜12/20の期間のリンクジョーカーです。

 

【目次】

驕慢の根絶者 ゴウガヰ

慢心する根絶者 ギヲ

速攻する根絶者 ガタリ

ナイト・オブ・エントロピー

特異点を射抜く者

剪断する根絶者 ヱヴォ

 

【各カード詳細】

・驕慢の根絶者 ゴウガヰ (V-BT04/064 [C])

G2 9k/5k

V/Rで、アタックVヒット時、ユニット2枚にパワー+4k。

フォースのG2で元のパワーが9kっていうのはかなりツラいですね。効果自体は先に攻撃する事で後続の要求を上げたりガードを強要したりできます。ただ、基礎パワーが低いうえにVヒット時の効果なので、もう一声欲しかったですね。

 

・慢心する根絶者 ギヲ (V-TD07/004)

G2 10k/10k

いつものフォースのG2バニラですね。デリート

中なら(まだデリートがあるかわかりませんが)10k単騎でも15k要求できるので、枠が余るならシールド優先でこのカードを積む選択肢もあるかもしれないです。基本的にフォースはゲームが伸びる程有利ですからね。

それにしてもフレーバーで異端と言っておきながら互換なんですね。

 

・速攻する根絶者 ガタリヲ (V-TD07/007)

G1 8k/10k 

V/Rで、Vアタック時、相手リア2枚以下なら+4k。

条件を満たせば12kアタッカーになれます。この手の効果持ちは元のパワーを下げられがちですが、ちゃんと8kあるのがまず優秀ですね。序盤の攻防でかなり強く、G3ターン以降もフォース以外には単騎で要求を取れます。後はどの程度条件を満たしやすくなるかですね。

ギヲとよく似ていますが親戚か何かでしょうかね?

 

・ナイト・オブ・エントロピー (スペシャルファイトパック vol.3)

G3 13k/0k ギフト:フォース

① Vで、起動CB2、相手リア1枚裏バインド。

② V/Rで、アタック時、相手リア2枚以下なら、バトル中+5k。

基本はRで18kアタッカーとして使えて、乗る事になってもギフトと最低限の効果は持っています。

フォースクランにとって18kアタッカーは10k以上のシールドを切らせるという意味で優秀です。この互換の中ではVに乗ってしまっても最低限働けるのもえらいですね。自由枠があれば選択肢になってきそうですね。

 

特異点を射抜く者 (スペシャルファイトパック vol.3)

G2 10k/5k

V/Rで、Vアタック時、自分リアが相手より多いなら、バトル中+5k。

G2の15kアタッカー。この効果が優秀なのはロイパラのジャーロンが示していますし、このカードはVでもパワーがちゃんと上がり、条件の達成もかなり簡単な方だと思います。

文句があるとすれば、こういう使いやすいカードはプロモではなくトライアルデッキに入れて欲しかった、ということですかね。

 

・剪断する根絶者 ヱヴォ (月ブシプロモ)

G2 10k/5k

Rで、登場時、CB1で、ユニットの居ない相手(R)につき、自身に+4k。

カウンターを払って状況次第でゴリラ化するアタッカー。コストを払うとはいえ1つ毎の上昇値はかなり高いです。どれだけ能動的に空きサークルを作りにいけるか次第ですね。2つ空いているだけでも+8kと十分な上昇値なので、無理に空きサークルを作る必要は無いかもしれません。採用はCBの余裕次第ですね。

 

今回は以上となります。公開序盤だからか、パワーを上昇させるカードばかりでしたね。

デッキとしての動きが見えるのはまだまだ先になりそうです。

 

お わ り

【ワタルの今日カ】「アロマトルバー・ドラゴン」

【ワタルの今日カ】とは、「その日公式から公開されたカードに関して、使い方や雑感などを自分が思いつく範囲で書いてみよう!」という記事になります。

 

今日のカードは〈リンクジョーカー〉から「アロマトルバー・ドラゴン」です。

 

グレード:3

基礎能力:13k,ギフト有り

効果:(R)登場時、CB1で相手のリア1枚裏側バインド。

名称や種族:現状特になし

 

ファイト関連

CB1でどこでも裏側バインド、シンプルに強いですね。裏側なのでギアクロに利用される事もないです。

ギフトはありますが、(V)では効果が使えないので注意しましょう。

 

フレーバー関連

・イラスト

持っているのは杖なんですかね?効果もサポートタイプですし合っています。背景も綺麗ですね。

・名前

アロマトルバーの意味はちょっと検索しただけではわかりませんでした。Aroma title barと出てきたのですが英語版の名前も見てみないとこれが正しいのかもわかりません。

フレーバーテキスト

リンクって感じです。

 

リンクは1枚目から幸先が良さそうです。

今回のリンクは呪縛の代わりに裏側バインドするんですかね?まあスタンダードでは後列はともかく前列呪縛は強過ぎる気がします。今後の情報にも期待ですね。

 

お わ り

 

【ワタルの今日カ】「ドリーム・ペインター」

【ワタルの今日カ】とは、「その日公式から公開されたカードに関して、使い方や雑感などを自分が思いつく範囲で書いてみよう!」という記事になります。

 

今日のカードは〈ロイヤルパラディン〉から「ドリーム・ペインター」です。

 

グレード:1

基礎能力:8k/10k

効果:(R)にカードの能力で登場時、自分のドロップからG2以下を1枚デッキボトムかソウルに置いてよい。デッキボトムに置いたら自身に+5k。

名称や種族:現状特になし

 

ファイト関連

ソウルインする方は単純にソウルが増えるだけでなく、ブラブレをソウルに入れてアーリーやエクスカルペイトの準備ができたりもします。

ボトムに戻す方はブラブレぽーんがるベディヴィアのような山札からコールしたいカードを戻してデッキリソースを回復したり、トリガーを戻してシャッフルしてトリガー率を上げたりできます。こちらはさらに自身を+5kできるのでパワーラインの調整としても使えます。

効果の発動条件はカードの能力で登場時、というもので、従来のロイパラでは同じグレード帯のアレンくらいでしか発動がまともに狙えないため、厳しいかと思っていました。しかし、先程次の弾のカードリストが公開されて、アレン以外にも能力で手札からコールできる優秀なカード(レンダリング・エンジェルや雄剣の騎士 ルーシャス)が判明したので、デッキとの噛み合いもよくなったと思います。

ロイパラのエースカードのほとんどと相性が良く、デッキに投入されそうなカードですね。

 

フレーバー関連

・イラスト

昔と変わらない懐かしい感じのイラストですね。杖の魔力を使って指でお絵かきしているようです。

・名前

特に捻りのない名前ですね。

ちなみに種族はエルフではなくシルフです。風を司る精霊の方ですね。

フレーバーテキスト

実際に物理的な力(パワー+5k)になっていますね。ういんがるとブラブレの連携と同等のパワーと考えると結構高い気がします。

 

『宮地学園CF部』のカードリストが公開されたので、明日からはいよいよリンクジョーカーのカードも見えてくるかもしれません。恐ろしいですね。

 

お わ り

【ワタルの今日カ】「忍獣 コクシガラス」

【ワタルの今日カ】とは、「その日公式の今日のカードで公開されたカードに関して、使い方や雑感などを自分が思いつく範囲で書いてみよう!」という記事になります。

 

今日のカード2枚目は〈ぬばたま〉から「忍獣 コクシガラス」です。遂にぬばたまの鹿枠が来ましたね。

 

グレード:3

基礎能力:11k,ギフト無し

効果:起動、V/Rで、コストでSB3と手札の守護者2枚を捨てて、自身+15k。さらに、相手Vのグレードが3以上なら、相手Rを全てバウンスして、1枚以上バウンスしたら、5ハンデス

名称や種族:現状特になし

 

ファイト関連:

パワー11kでギフト無しという、G3最低の基礎スペックで、コストもSBは重く守護者2枚を捨ててしまいます。

その代わりに、相手の盤面と手札から計5枚を相手に捨てさせるという強烈な効果を持っています。

クジキリコンゴウがVに居る状況で撃つと、相手は戦力を残せばそのターンのガードが厳しくなり、ガード値を残せば次のターンまともに攻める事が難しくなります。2枚のコンゴウとはコストも分かれているので、その点でも噛み合っていますね。

マガツストームとはコストこそ競合しますが、5ハンデスしつつの5パンで相手のガードを削り切る事ができ、こちらとも相性がいいです。

相手のグレード指定がある事と、バウンスができないとハンデスができない事に注意しましょう。

総合して、撃つことさえできればかなり強力なカードだと思います。プールに存在しているだけで相手に対するプレッシャーになるので、使わない人にとっても優秀なカードですね。

 

フレーバー関連:

BFとかに居そうなイラストですね、バディファイトの方ではないです。

コクシって何ですかね?色の黒紫の事でしょうか?

フレーバーテキストは効果そのままです。クール系かと思ったら結構荒いやつなんですね。

 

もう次の弾のカードもほぼ見えてきましたね、今日の情報局は新カード情報もあるんでしょうか?あると嬉しいですね。

 

お わ り

【ワタルの今日カ】「忍竜 マガツゲイル」

【ワタルの今日カ】とは、「その日公式の今日のカードで公開されたカードに関して、使い方や雑感などを自分が思いつく範囲で書いてみよう!」という記事になります。

 

今日のカード1枚目は〈ぬばたま〉から「忍竜 マガツゲイル」です。

 

グレード:2

基礎能力:9k/5k

効果:

① V/R登場時、CB1とSB1で、1ドローし自身に+6k。

② アタックしたバトル終了時、コストで自身をソウルインし、自分のリアを1枚バウンス。

名称や種族:マガツ

 

ファイト関連:

第1の効果は、シンプルに優秀なドロー&パンプ効果です。コストが重いのは少し気になりますが、それでも総リソースを自分から減らしてしまうぬばたまにとっては強いですね。

第2の効果は、今までのバウンス効果と比べて列による縛りが無く、コストも損失とはいえソウルインなので使いやすい方だと思います。

第1と第2の効果を併用すれば、総リソースは減らさずにCB1で1バウンスできるので噛み合っていると言えますね。

 

フレーバー関連:

しっかり忍びそうな見た目してますね。

マガツという名称は厄災の神である禍津日神(まがつひのかみ)が由来なんでしょうか。マガツ〇〇シリーズはなんだか名前がカッコいい。

ゲイルは英語のgaleの事なら強風という意味があります。どこぞの疾風のゲイルもこのゲイルですかね。

フレーバーテキストはドロンする効果と合っていますね。味方も手札にドロンさせる徹底ぶりです。

 

2枚目に続く

 

 

【ワタルの今日カ】「忠義の騎士 ベディヴィア」「友誼の騎士 ケイ」

【ワタルの今日カ】とは、「その日公式の今日のカードで公開されたカードに関して、使い方や雑感などを自分が思いつく範囲で書いてみよう!」という記事になります。

 

今日のカード2,3枚目はロイヤルパラディンから「忠義の騎士 ベディヴィア」「友誼の騎士 ケイ」です。

 

ベディヴィア

グレード:2

基礎能力:10k/5k

効果:

① 手札からRに登場時、手札からケイをコールして1ドロー。

② ケイにブーストされたバトル中+3k。

 

ケイ

グレード:1

基礎能力:8k/10k

効果:

① 手札からRに登場時、CB1で山札からベディヴィアを1枚コール。

② ベディヴィアをブーストしたバトル中+3k。

 

ファイト関連:

ベディヴィア、ケイの第1の効果はお互いにもう片方をスペリオルコールするというものです。

ベディヴィアは手札に揃っている必要がありますがCBを使わずに1アド稼ぎ、ケイはCBを使って山札を圧縮しながらお互いの第2の効果で質の高い盤面を作り出します。

特に手札に両方揃ってCB1使える場合は、ベディヴィアをコール→ベディヴィア効果でケイを手札からコール→ケイ効果でベディヴィアを山札からコールとすれば、実質手札1枚とCB1で3枚のリアガードをコール可能です。

お互いの第2の効果は縦に並んだら+3kずつ、合計+6kで24kラインが作れます。簡単にG3にシールド15k要求(フォース込みで25k要求)を取れたり、8k9kのパワーに対して20k要求を取れるためかなり優秀です。

どちらのカードもVではバニラという点には注意しましょう。

一応Vにベディヴィア、V裏にケイがいる場合はVラインが21kになるので覚えておきましょう。

 

フレーバー関連:

ケイは信じ、ベディヴィアは裏切らない、まさに理想のコンビって感じです。

ちなみに、友誼(ゆうぎ)はあまり見慣れない言葉ですが、友達のよしみ、友情といった意味があります。

イラストについては、意外とこの二人ゴツいんだな、と感じました。